「こくり」エデュケーションセット

導入事例

[習得]こくりを動かそう

[習得]こくりを動かそう

学校名:東京都品川区立第二延山小学校

学年:4〜5年生

教科等:市民科

取り組みの背景

東京都プログラミング教育推進校である品川区立第二延山小学校の研究授業において、こくりを活用した授業を実施しました。プログラミングは初めてという児童がほとんどだったため、本年度は、プログラミングに興味を持ってもらうことを目的にして、4人1組のグループでこくりのプログラミングに挑戦しました。

ねらい

  • プログラム・プログラミングという言葉の意味を理解する。
  • 意図したことをプログラミングで表現できる。

授業の展開

導 入
1

めあてと注意事項を確認する

5
めあてと注意事項を確認する

資料をプロジェクターで投影して、学習のめあてとこくりを使う上での注意事項を確認しました。

展 開
2

プログラム・プログラミングの
言葉の意味を知る

5
プログラム・プログラミングの<br>言葉の意味を知る

児童にとって身近な「運動会のプログラム」を例に、プログラムとプログラミングの言葉の意味を知りました。

3

こくりの自己紹介を体験する

5
こくりの自己紹介を体験する

児童は、こくりが自己紹介をする様子を見て、こくりができることを知りました。こくりが実際にしゃべったり動いたりする様子を見て、児童は興味津々でした。

4

プログラミングする方法を学ぶ

10
プログラミングする方法を学ぶ

児童は簡単な動画を見て、どうやってこくりをプログラミングするのか学びました。その後、例題に取り組みました。

5

オリジナルの自己紹介をつくる

45
オリジナルの自己紹介をつくる

冒頭で見たこくりの自己紹介をヒントにして、設定されている指示ブロックの順番を並び替えたり、こくりの台詞を考えて文字入力したりしながら、自己紹介のプログラミングを行いました。
また「こくりの本」を使ってわからないことを調べたり、難しいプログラミングにチャレンジしたりしました。

まとめ
6

交流・成果を披露して、振り返る

25
交流・成果を披露して、振り返る

約2分間隔で各グループのプログラムを見て周り、感想や良かったところをワークシートに記入しました。(2分×8グループ)
その後、学習のめあてを振り返り、体験の感想を発表しました。

導入事例一覧に戻る

導入事例

  • [習得]こくりを動かそう

    [習得]こくりを動かそう

    〈東京都品川区立第二延山小学校〉

    学年:4〜5年生  教科等:市民科

    詳しく見る
  • [活用]高尾山を紹介しよう

    [活用]高尾山を紹介しよう

    〈東京都八王子市立浅川小学校〉

    学年:6年生  教科等:特別活動

    詳しく見る
  • [探究]学校案内をしよう

    [探究]学校案内をしよう

    〈東京都練馬区立谷原小学校〉

    学年:5〜6年生  教科等:総合的な学習の時間

    詳しく見る

お問い合わせ

資料請求、お見積り依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

03-5280-7717

(土日祝日除く09:30~17:30)

運営会社

日販テクシード株式会社

日販テクシードは出版流通ITの仕事を通じて培った高度で幅広い技術力を活かし、様々なお客様のIT課題の解決に努めています。また新しいテクノロジイの価値をいち早くお客様にご提供できるよう研究開発にも注力し、真のテクノロジイサービスカンパニーを目指しています。